女性に聞いたムダ毛の許容範囲

どこまでが許容範囲内?

ムダ毛処理に勤しむ男性も、
「いったいどこまで処理すればいいんだ?」と疑問を感じています。

 

つるつるにしたら「女性みたいで気持ち悪い」と言われますし、
剛毛だったら「不潔そう」と跳ね返されてしまいます。

 

その中間地点を探りたいのですが、女性によって価値観は異なりますので、なかなか処理の「度合い」が不透明なのが現状です。

 

そこで、考えたいのは、
「どの程度のムダ毛の量が理想なのか」ではなく、
「どの程度のムダ毛の量が許容範囲内なのか」ではないでしょうか。

 

許容範囲内のムダ毛の量

部分別に見てみましょう。

 

髭の場合

頬や顎下までびっしりと生えている髭は無精髭と言われがちでです。
女性の目線からすると、頬や顎下は最低限綺麗に剃っておくことが身だしなみのようでです
鼻下と口周りは髭剃りで剃って、できるだけ剃り残しがないようにしましょう。

 

胸毛の場合

別記事でも紹介したように、うっすらと生えている程度であれば許容範囲内のようです
この場合は特に手入れをする必要もなく、長い毛だけをハサミで切る程度にとどめておきましょう。

 

腕の毛

カミソリで簡単に綺麗になりますが、返って濃くなるのが怖いですね。
またカミソリで深剃りしてしまうと、毛穴が炎症を起こして赤い物ぶつぶつができてしまいます。ムダ毛処理をしたのがバレてしまいますし、見た目も汚く見えてしまいます。
女性も腕の毛には寛容の方が多いため、下手に処理をしない方がいいでしょう。どうしても気になるのであれば、エステで専用の脱毛機で脱毛するようにしてください。

 

ヘソの毛

一昔前はギャランドゥとして人気がありましたが現在はそれほど人気はありません。ヘソから陰毛部分まで繋がっていたら、水着を着たときに不潔に見えてしまいます。女性の立場からしても目線のやり場に困ってしまいますので短く切ったりするなど、多少の処理は必要となるでしょう。

 

ただし、ギャランドゥがある方は往々にして胸毛も生えていますので、バランスが崩れないように処理に注意してください。つるつるに剃る必要はまったくありません。

 

両足の毛

太ももからふくらはぎ周辺の毛は広範囲なので、逐一ムダ毛処理をするのは骨が折れる作業となります。
また、男性は毛が生えているものという認識は当然女性にもありますので、
ツルツルにすると返って変に思われます。量を減らすカミソリやムダ毛を目立たなくするローションがドラッグストアでは市販されていますので、そちらを使ってみましょう。ただし、あまりにも多毛で濃い場合はエステなどで脱毛するのもおすすめです。

 

季節にもよる

冬の季節は露出も少ないため、人に肌を見せる機会もあまりありません。
そこまで毎日ムダ毛処理を行う必要はありませんが、突然の合コンなどの予定が入る可能性もありますので、定期的にチェックすることは必要です。

 

ムダ毛処理において大切なのは、「女性に不潔と思われない」ことと、「受け入れられる毛の量は残しておく」こととなります。そのことを肝に銘じてムダ毛処理を行うようにしましょう。

トップへ戻る