家庭用脱毛機使用の際の注意点

光照射は出力に注意を

光照射型の家庭用脱毛機を購入及びご使用にあたっての注意点として「出力」が挙げられます。
出力とは言うなれば照射の威力です。
これを間違ってしまうと、脱毛どころか大惨事になりえますので、よく注意してご使用してください。

 

本来はエステサロンに通うべき?

現在でこそ家庭で気軽にできるようになった光脱毛ですが、本来これはプロ仕様の脱毛機器であることを知っておかなければなりません。すでにご紹介した通り光照射による脱毛とは毛穴の奥にあるメラニンと毛母細胞を微弱な光線によって破壊することです。

 

エステサロンで施術をしてくれるスタッフは皆毛の仕組みに対して十分な知識、経験、研修を終えたプロのエキスパートの方々です。
その彼らでも稀に失敗することがあるほど、実は光脱毛というのは危険な脱毛機器なのです。

 

失敗するとお肌が大変なことに

よく「肌トラブル」という言葉を耳にしますが、具体的にはどのような肌へのリスクがあるのでしょうか。
まず、一番多いのは肌が炎症してしまうことです。それもただ赤くなるだけではなく、毛穴が黒ずんだり、血が出たり、最悪膿がわいたりすることもあります。
考えられる原因は2つ。

 

1つは出力が間違っていること。2つ目は適切な肌ケアを怠ったためです。
家庭用脱毛機には自分で好きなときに行える手軽さがありますが、言い換えれば適切な使い方をレクチャーしてくれる人はいません。
そこで起きやすいのが自己流に施術をしてしまうことです。「自分でできるくらいだから、失敗しても取り返しのつかない事態になることはないだろう」と高を括っていると、皮膚が色素沈着を起こし、一生治らないシミができてしまうこともあります。

 

確かに家庭用脱毛機はエステサロンなどのプロ仕様の脱毛機と比べると光の出力は弱いです。
しかし、肌はもっと弱いのです。普段肌はメラニンによって守られていますが、そのメラニンを破壊することになるので、例え出力が弱い家庭用でさえも、使い方を間違えれば大惨事になります。

 

「説明書は読むのが面倒」
「せっかく家庭用脱毛機を買ったんだから、自分の好きなようにやりたい」
という方は、あまり向いていませんね。エステサロンで確実に脱毛をしたほうが賢明でしょう。

 

出力の調節とは

家庭用脱毛機では3段階から多いもので10段階の光の威力を調整することができます。
肌質、毛質というのは人によって異なりますので、自分の肌、毛質に併せて光を調整しなければなりません。
エステサロンが所有している脱毛機では20段階以上の出力を調整することができます。
そこで疑問に思うのが「自分にあった出力とは?」ということですね。

 

実はこれが家庭用脱毛機の最大の欠点でもあるのです。
本来ならば熟練スタッフが肌と毛質を入念に調べて出力を調整するのですが、素人ではそれができません。
出力が弱すぎると毛穴の奥まで届かないので効果がありませんし、逆に強すぎると肌を傷めて毛穴の炎症に繋がります。

 

よく言われているのは「ちょっと痛いくらいが丁度いい出力」ですが、これも個人差がありますし、何ともあやふやですね。光照射型はレーザー型と比べると出力が弱いので、肌トラブルは少ないイメージがありますが、間違った使い方を何ヶ月も何年も使い続けていると、そのうち大きなしっぺ返しがくるかもしれません。

 

もし不安に思うようであれば、やはりエステサロンに行くべきだと考えます

トップへ戻る