脱毛コースに気をつけましょう

脱毛エステサロンに通いたい場合は、
最初のカウンセリング時に脱毛コースを必ず提案されます。

 

ホームページに掲載されているコース、料金を申し込みたい場合は、
料金がやコース内容がホームページで説明していることと同じかどうかを確かめる必要があります。

 

また、相手も商売なので、脱毛コースは高めのプランを提案してきがちです。

 

自分の望むコースをしっかりと相手に伝えることが大切です。

 

脱毛コースはいくつもある

脱毛コースは部位別から自分でカスタマイズできるコースなどに分かれており、また回数によっても異なります。

 

無論施術回数が多ければそれだけ割引も適応されますし、一定回数以上からは施術代が半額になったりするサービスもあります。

 

脱毛サロンとしては永久脱毛をうたっている以上、効果がなかったでは済まされません。よって、料金を半額にしてでも通ってもらい、永久脱毛の効果を認めてもらいたいという思惑があります。
それがクチコミとなって、やがて利益として還元されるからです。

 

どのようにコースを決める?

カウンセリングでは、最初に毛が生える仕組みと脱毛の仕組み、永久脱毛の原理を説明してくれます。
その後に各コース、プランの提案となるのですが、良心的なエステであると、ホームページに料金もコースも記載されていますね。
自分が望むコースをプリントアウトして、それをカウンセラーに見せてあげれば話は早く済みます。

 

逆に相手から異なるコースを提案されたときは、まずは自分で吟味をして、その提案が本当に魅力的かどうかを判断しましょう。

 

要注意な脱毛コースとは

ここでご紹介したい、「リスクがある脱毛コース」は2つ。

 

格安コース

1つは「格安コース」です。最も安い脱毛コースであり、さらに期間限定などで割引がされている場合です。
料金は部位の範囲と施術回数に依存しますが、格安をうたっているコースは施術回数が少ないことが挙げられます。
例えば3回コースしかなく、それ以上は1回につき通常料金となる場合、
本当に得しているかは疑問です。

 

また、部位に対しても考えなければなりません。
例えばA店は顔ヒゲの範囲を鼻下と口周り、顎までとくくっていますが、B店は鼻下も口周りも顎もすべて別の取り扱いとなっています。
A店は1部位1万円。B店は5千円だとした場合、A店は1万円で済みますが、B店の場合は1万5千円かかります。
このように、
格安をうたっているコースの場合は
脱毛範囲も極めて限定的であることが多いということを覚えておきましょう

 

高額プラン

もう1つの要注意コースは「高額プラン」です。
高額プランの場合は保証もしっかりしてくれますし、永久脱毛が完了するまで面倒を見てくれるメリットがあるでしょう。
しかし、料金はかなり高いのがネックです。
エステサロンによっては分割払い、クレジット払い、ローンなどを用意していますが、できればキャッシュで払いたいところですね。
高額プランを提案された場合は、自分の払える予算を超えないことが大前提です。
相手も「もしこのコースを申し込んでくれたらラッキー」程度しか思っていないかもしれません。

 

優良店は予算を大幅に超える提案はしないものなので、もしコースのごり押しが見受けられた場合は、ひとまず退散して仕切りなおす方が賢明かもしれません