夏を迎える前にムダ毛の処理を!

夏といえば、海、プール、山、バーベキューなどアウトドアを楽しめるシーズンとなります。
この季節では女性の気分も開放的になりますので、「ひと夏の思い出」などという言葉も実現するかもしれません。
しかし、そこで待ったが入るのが「ムダ毛処理」です。

 

もしムダ毛処理をしないで行くと、女性から嫌われ、一気に夏嫌いとなってしまうこともあるでしょう。

 

ムダ毛に悩む男性にとって夏は修羅場

アウトドアレジャーでは、少なからず衣服もラフになります。
プールや海では水着なので上半身は裸ですし、足も露出します。
ハイキングやバーベキュー、山などでもハーフパンツで行かないと蒸し暑いですね。

 

しかし、ムダ毛が多い男性にとっては悩みの種でしかありません。
なぜなら、自分のムダ毛が多い(濃い)ことを友人たちに教えてしまうようなものだからです。
もし中に気になる意中の女性がいたら、なおのこと参加したくないですね。

 

そういったムダ毛に悩む男性にとっては、このシーズンはまさに修羅場を迎えることでしょう。

 

ムダ毛を処理できていれば……

しかし、逆に夏場は女性も心は開放的です。普段とは違った一面を見られるかもしれませんし、
事が上手く運べば、意中の女性との距離もぐっと縮まることは間違いないでしょう。
そのためには、まずムダ毛をなんとか処理しなければなりません。
除毛クリームでも家庭用脱毛機でも、エステに通ってもいいでしょう。
もし、夏場だけであれば、除毛クリームが活躍します
永久脱毛とはいきませんが、少なくともその場を凌ぐことはできます
もし計画性を持っていれば、エステで永久脱毛を目指してみてもいいかもしれません。

 

理想の脱毛を手に入れられれば、皆の前でも恥ずかしいことなく肌を露出できますし、
水着でもハーフパンツでも何でも来い!と自信を持つことができるでしょう。

 

顔の髭は念入りに剃りましょう

黄色人種の日本人は黒く濃い髭はどうしても目立ってしまいます。これは肌が色黒の方よりもメラニン色素が薄いためです。

 

夏は全体的に高い気温の下で過ごすので、体温が上がり血行がよくなります。

 

すると、顔も赤らんで毛も余計目立ってしまいがちです。
逆に一昔前に流行った日焼けサロンに通って肌を小麦色にすると、メラニンが増えて髭や体毛が全体的に目立たなくなります。
肌が色白の人は、髭も目立ちがちなので、いつもよりも念入りに処理をするようにしましょう