胸毛には細心の注意を!

夏場など、二つ三つボタンを開けると
ちらっと見えてしまうのが胸の毛です。

 

それに気づかずに飲み会や合コンへ行ってみようならば、周りは苦笑いするしかありません。

 

ムダ毛というのは男性にも女性もデリケートな問題なので、仲のいい友達であってもなかなか指摘しずらい点があります。周りの人達は皆あなたの胸毛に気づいていると自覚することが、まずは大切です。

 

胸毛は嫌われる部位の1つ

胸毛は個人差によってかなり量が異なりますね。
薄く長い産毛が胸の真ん中に生えている方から、胸全体に黒く長い毛がジャングルのように生えている方までさまざまです。

 

前者のようなうっすら程度であればいいのですが、後者のようなワイルドすぎる胸毛の持ち主であれば、コンプレックスになっている男性もいるでしょう。
例えば好きな女の子ができたとして、その人から「海行こうよ」と誘われたとき、頷くことはできるでしょうか。

 

好きな女の子に胸毛が生えていることを知られてしまうと、嫌われてしまうかもしれないと思うことでしょう。

胸毛に対する女性の声

女の子の好みのタイプを聞くと、爽やかをうりにしている芸能人やモデルの名前が挙がる。
その中で胸毛は爽やかとはかけ離れていることは言うまでもありません。

 

実際胸毛を許すという方と、そうでない方は両極端に別れる傾向にありますが、前者の場合でも許容範囲内があり、ジャングルタイプの胸毛が好きという女性はほとんどいません。

 

胸毛の処理はどうすべき?

では、胸毛に悩む男性が知りたいのは、「胸毛はどう処理をすべきか」という疑問です。

 

長い毛であれば、ハサミで切って短くすればいいのですが、
胸の広範囲に渡って濃い胸毛が広がっている方は、ハサミでは対処しきれません。

 

その場合は専門のエステサロンに通うか、
自宅で除毛クリームや家庭用脱毛機で処理するかとなります。

 

男性の多くの方は胸毛の処理は意外としているようです。
お風呂に入っている最中鏡を見ればすぐに気づく部位でもありますし、身体を洗っているときに同時に胸毛処理をする方が多いです。

 

ただし、範囲が広い胸毛の場合、乳輪周りまで毛が及んでいる場合も多々あります。
カミソリや刺激が強い除毛クリームだと炎症を起こす心配があるので、自分で処理をする際は極力気をつけなければなりません。

 

胸毛処理の注意点

胸は上半身の一部であり、ムダ毛はお腹周りからヘソ下まで続いている男性もいます。もし胸毛だけを綺麗に処理していたら、ちょっとアンバランスになってしまいますね。お腹より下の毛の量と範囲も考えて、見た目が自然になるようにムダ毛処理をしなければなりません。

 

また、胸毛に悩む男性の中には、ムダ毛が肩から腕にかけて生えている方もいますね。
そうなると、「どこまで剃ればいいのか……」と不安になってしまいます。
実際自分ではどんなに鏡を見ても判断しきれないことが多いので、
そこまで多量にムダ毛が生えているのであれば、
あきらめてエステサロンに相談することをおすすめします

 

彼らはその道のプロであり、さまざまなムダ毛に悩む客を相手に経験豊富です。
きっと、タメになる提案を貰い、理想の脱毛を手に入れることができるでしょう。