日焼けはムダ毛が目立たなくなるってホント?

黒人の方を見てみると、あまり体毛がないと感じることはありませんか。
実は黒人の方は体毛がないのではなく、「目立たないだけ」なのです。
これは人の「メラニン」に関わる問題となります。

 

今回紹介することを覚えておけば、
ムダ毛に悩む人も脱毛せずに毛を目立たなくすることができるかもしれません。

 

メラニンとは

メラニンは男女国籍問わず人なら誰もが体内に携えている物質です。

 

メラニンの役目はズバリ「紫外線から身を守ること」です。紫外線は煙草と同じで、人体に百害あって一利なしの光線ですね。人は太陽の光を浴びると同時に紫外線も大量に浴びています。その紫外線から身を守るのがメラニンとなります。

 

一見すると、「メラニンは体に必要不可欠じゃないか」と思いがちです。
確かに必要不可欠ではあるのですが、メラニンには「肌を黒くする」成分もあるのです。

 

日焼けはメラニンの効果

夏場は海のビーチで日光浴、日焼けをする方がいますね。
また、「日焼けサロン」なども人気で、紫外線を身体に意図的に照射することによって肌を小麦色にすることもできます。

 

これはすべてメラニンの効果によるものです。
メラニンは毛穴の奥にあるのですが、紫外線を受けるとメラニンの働きと分泌が活発化します。
これは先に説明したように紫外線から肌を守ろうとする働きです。
しかし、メラニンが紫外線から肌を守りきれなくなると、メラニンはさらに過剰分泌をして、肌の上に浮き上がることとなります。メラニン色素は黒色なので、肌も黒色となるのです。これが日焼けの原理です。

 

よく白人の欧米人が日焼けをしているのを見かけますが、彼女たちの中には小麦色にならず肌が赤くなるだけの人達もいます。白人の方は往々にしてメラニンが少ないので、黒くなりずらいのが原因です。結果的に、肌トラブルを抱えるだけで終わってしまいます。

 

肌の色と合わさって目立たなくなる

メラニンが肌に浮き上がると、肌の色は小麦色になります。
すると、ムダ毛の黒色と合わさって、ムダ毛が目立たなくなるのです。ですので、
日焼けしたり、もとから小麦色の肌の人はムダ毛が一見するとないように見えます

 

ただし、メラニンが肌に浮き上がることはいいことではありません。
その後しっかりと肌の保湿やケアをしないと、メラニンは色素沈着を起こします。これが俗にいう「シミ」と呼ばれるものです。紫外線から身を守るメラニンが破壊されると、肌は「シワ」や「たるみ」の原因となります。

 

脱毛機はメラニンを破壊する

メラニンは普段は毛穴の奥に潜んでいるのですが、言い換えれば、「黒色の毛が生えるのはメラニンが原因」とも言えます。
ムダ毛が生えるそもそもの原因は毛穴にある毛母細胞にあるので、それを破壊すれば毛は理論的に生えてこないのですが、現在主流の光照射脱毛機では肌の奥深くにある毛母細胞のみをピンポイントで破壊することはできません。
そこで、光照射脱毛機は黒色に反応するようにできているのです。つまり、メラニンに反応するのです。
これにより、メラニンと毛母細胞両方を破壊することができるのです。

 

ですので、脱毛エステに行く前は、「日焼けはしないこと」、「脱毛部位のムダ毛は剃っておくこと」
などが注意書きにあります。
これは日焼けしたり、ムダ毛が伸びていると、脱毛機がそちらに反応をしてしまうからです。

 

以上のことから、日焼けをすればムダ毛は目立たなくなることは事実だということが分かりました。
ただし、上記で説明したようにそれは決していいことではありませんし、シミ、シワ、たるみの原因にもなるということは覚えておきましょう。

 

また、脱毛をしたあとはメラニンが破壊されて、肌は紫外線から無防備の状態となります。
肌トラブルになりやすいので、肌ケアというのはとても大切となります。